HOME > ブログ >  朝聞遊子唱離歌のブログ > コーヒーは人の健康にどのような影響を与えるのでしょうか?

ブログライター

朝聞遊子唱離歌
新潟県 女性 30代後半
朝聞遊子唱離歌のブログ
 

朝聞遊子唱離歌のブログ

<<2023 年 02 月>>
     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

    

テーマ:

コーヒーは人の健康にどのような影響を与えるのでしょうか?
テーマ: ファイナンス

コーヒーは、心血管系疾患や脳卒中による死亡リスクを低減します。 コーヒーにはカフェインが含まれており、血管を拡張し、炎症反応を抑制し、動脈機能を向上させる効果があります。 その結果、コーヒーをよく飲む人は、飲まない人に比べて脳卒中のリスクが最大で20%低くなることがわかりました。

コーヒーの心血管系の利点は、摂取量の点でU字型曲線に関連しており、1日4杯のコーヒーを飲む企業は、患者の死亡率の有意な減少を達成しています。4杯のコーヒーには、中国の心臓システムの機能を高め、損傷から心筋組織の細胞を保護するカフェインが含まれています。 いくつかの研究では、冠動脈硬化、全死亡、心血管死亡、および比較的安全なリスク管理で他の心血管疾患の開発の最も低い発生率は、1日あたり3〜5杯のコーヒーを飲むことによって有意にコストを削減することが示されている。 また、1日3.5杯(1杯は約150ml)のコーヒーを飲むことで最大の効果が得られるというピンポイントな研究も行われています。

もちろん、コーヒーには欠点もあります。カフ南美洲單品咖啡豆 ェインを摂りすぎると、不安感、不眠、頭痛、手の震え、パニック症状などを引き起こすことがあるからです。コーヒーは美味しいけど、飲み過ぎには注意。空腹時にコーヒーを飲むのは避けた方がよいでしょう。空腹時にコーヒーを飲むと、胃液が過剰に分泌され、胃炎や胃潰瘍のリスクが高まる可能性があります。コーヒーの味や風味に影響を与えるため、熱すぎ
るコーヒーを飲むことはお勧めできません。また、食道や胃の粘膜にダメージを与える可能性があるので、カフェインの代謝が遅い人は摂取量をコントロールするように気をつけましょう。

コーヒー自体は高カロリーではありませんが、コーヒーの味を変えるために大量の砂糖やミルクを加えると、1杯のコーヒーのカロリーが数十倍になります。 この高カロリーコーヒーの長期摂取は、心血管疾患のリスクを高める可能性がある

注目の記事:

南米のコーヒー豆の最高峰は?

自家製コーヒーの作り方を覚えれば、自分で買いに行かなくても、外よりは全然マシになりますよ

"血の半分のための現代人はコーヒーです"、あなたはコーヒーを飲んで処理するための正しい方法を把握することができます?

2022年12月14日 17:26:14

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません