HOME > ブログ > resolvesのブログ > 血液のために何を食べたらいいのか?血液を補う6種類の食べ物......しっかり食べてくださいね

ブログライター

resolves
男性 20代後半
resolvesのブログ
 

resolvesのブログ

<<2023 年 02 月>>
     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

    

テーマ:

血液のために何を食べたらいいのか?血液を補う6種類の食べ物......しっかり食べてくださいね
テーマ: ヘルス&ウェルネス




なぜ、急に体調を崩しやすくなったり、廿八方食欲がなくなったりするのでしょうか? 前かがみになったり、また立ち上がったりすると、めまいや立ちくらみも? 鏡を見ると、顔が青白く、髪が抜けやすく、爪に縦の隆起が多いということはないでしょうか。 なぜあなたはいつも疲れ、めまいがし、息切れしているのでしょうか?

これらの症状はすべて、学生にとっ補血氣食品て重要な問題である「貧血」を指し示している。

貧血は非常に多い疾患であり、廿八方特に吸収・消化能力が比較的低い中高年の患者さんでは貧血になりやすいと言われています。 また、重度の貧血は、早期のシワ、早期の美白、更年期障害などの早期老化を引き起こす素因となります。

1、赤いデーツ

紅棗は、ナツメとも呼ばれ、被子植物門、双子葉植物門、ナツメ亜科に属する植物である。

体内のヘモグロビンの材料となる鉄分を多く含むなど、ビタミン、微量栄養素、ミネラルが豊富に含まれています。

鉄分が不足するとヘモグロビンの低下や貧血が起こるので、デーツを定期的に食べることは貧血に良い影響を与えます。

2.卵黄

なぜ食品は血液を補充することができるように開発された彼らは鉄が豊富であるため、卵黄は、そのような学生の重要な食品、その鉄含有率はすでに高すぎるではありませんが、卵は安価で簡単に入手できるので、あなたはより多くの問題の卵は血液の良い補充を得ることができる食べることができるため。

また、卵黄にも多くの栄養素が含まれており、より多く食べることでエネルギー補給や体力の強化につながります。

3、かぼちゃ

カボチャはウリ科の植物である。産地によって呼び名が違うのです。別名、小麦ウリ、パパイヤ、日本ウリ、冬ウリ、その他のゴールドとも呼ばれる。

亜鉛やコバルトなどの栄養素が豊富で、セックス、良血、健康、バラ色の顔色に良いとされています。

また、かぼちゃは調理が簡単で、甘くておいしい、とてもヘルシーな食品です。

4、動物の血液

動物はブタの血に豊富で、主に鶏、アヒル、ガチョウおよびブタの血、等と非常に血システム資源管理を遂行することはよい。 豚の血、アヒルの血、鶏の血など動物の血は、理想的な血液の強壮剤の最初の良い製品です。

鉄分を多く含むため、体内で吸収されやすく、利用されやすい。

5.ぶどう

ぶどうは、カルシウム、リン、鉄をはじめ、多くのビタミンやアミノ酸を豊富に含む、日常生活でよく使われる食品で、高齢者や体の弱い女性、過労気味の方の滋養強壮に役立ちます。

また、妊娠中の女性は、胎児の栄養に良いだけでなく、妊娠中の女性がバラ色に見えるようにすることができますので、より多くの食品を食べることをお勧めすることができます、スムーズに血流を。

6、黒ゴマ

黒ごまは鉄分が豊富で、ヘモグロビンの合成に必要な原料を提供できるため、血液を補う効果もあります。

だから、貧血を実行したい日常業務も、よく黒ゴマを食べることができます。

貧血を治したいなら、やはり毎日、以下のいくつかのことをする必要があります。

1.休息に気を配る

また、貧血の患者さんには、毎日の休息時間を無理のないように調整し、夜は定時に寝て、疲れをため過ぎないように注意していただきたいと思います。

これによって、全身の臓器が正常に働くようになるのです。 抵抗力がつくだけでなく、見た目もエネルギッシュになります。 当然、生命エネルギーや血液を回復させることができる。

2.運動を続ける

貧血には適切な運動が有効です。 なぜなら、運動は体を鍛える効果があるだけでなく、代謝率を高く保ち、赤血球の生成を促す効果があるからです。

貧血に悩む患者さんには、ジョギングやヨガ、水泳など、日常的に有酸素運動をすることをお勧めします。

注目の記事:

益氣養血策略與10種益氣養血食品

一個補血飲食處方,讓你每天充滿血氣

Nourishing qi and blood recipe to say goodbye to qi and blood deficiency

タグ:ヘルス&ウェルネス

2022年06月20日 10:51:03

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません