HOME > ブログ > towntown > TPPのメリットデメリットについて考える

ブログライター

towntown
大阪府 男性 40代後半
towntown
towntown(タウンタウン)でッス。ダウンタウンでは、ナイヨ。ナイナイ。ダウンタウン好き、お笑い好物のオッサン。towntown(タウンタウン)でッス。おっ今は大阪人?元は大阪出身×
 

towntown

<<2017 年 11 月>>
     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

  

テーマ:

TPPのメリットデメリットについて考える
テーマ: タウンタウン
​TPPとは、日本・米国を中心とした環太平洋地域による経済連携協定(EPA)の意味である。正式名称はTrans-Pacific Partnership(略してTPP)という。別名、Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement。日本語で表記の場合は、環太平洋戦略的経済連携協定となる。2013年2月23日、アベノミクスを推し進める安倍首相は「聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になった」として事実上のTPP参加を表明しました。翌月3月15日にはTPP交渉への参加を正式に表明し、これからの交渉に全国民の関心が集まっています。

関税の撤廃により貿易の自由化が進み日本製品の輸出額が増大する。 

整備・貿易障壁の撤廃により、大手製造業企業にとっては企業内貿易が効率化し、利益が増える。 

鎖国状態から脱しグローバル化を加速させることにより、GDPが10年間で2.7兆円増加すると見積もられている。 

海外の安価な商品が流入することによってデフレを引き起こす可能性がある。 

関税の撤廃により米国などから安い農作物(特に米)が流入し、日本の農業に大きなダメージを与える。 

食品添加物・遺伝子組み換え食品・残留農薬などの規制緩和により、食の安全が脅かされる。 

医療保険の自由化・混合診療の解禁により、国保制度の圧迫や医療格差が広がると危惧されている。 

タグ:EPA,TPP,TPP交渉,Trans-Pacific Partnership,Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement,アベノミクス,グローバル化,全国民,大手製造業企業,安倍首相,整備,日本,日本製品,日本語,環太平洋地域,環太平洋戦略的経済連携協定,米国,経済連携協定,聖域なき関税撤廃,貿易の自由化,貿易障壁,輸出額,関税の撤廃

エリア:大阪府

2013年07月08日 15:39:04

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません