HOME > ブログ > AAA(トリプル・エー)のブログ > 水木しげるの絵の元ネタについて

ブログライター

AAA(トリプル・エー)
埼玉県 男性 20代後半
AAA(トリプル・エー)のブログ
あああ、ではアリマセンよー。AAA(トリプル・エー)のブログでーす。
 

AAA(トリプル・エー)のブログ

<<2017 年 10 月>>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

    

テーマ:

水木しげるの絵の元ネタについて
テーマ: AAA
togetterに、水木しげる先生の妖怪の絵の元ネタをまとめている記事があったので読みました。

水木先生の絵に元ネタが色々あるのは知っていましたが、記事には私の知らないものも載っていて感心しました。

元ネタがあることに対してパクリではないかという人もいるようです。しかし古代の彫刻とか絵画に関しては著作権など無いでしょうし問題ないのではないでしょうか。それがアウトなら江戸時代の妖怪画を真似るのだってアウトになってしまうと思うのです。

明らかに著作者がわかっている創作物を真似たと思われる絵もあります。これに対してパクリというのはまあわからないでもないですが、これは水木先生が云々と言うよりも、著作権に関する考え方が今よりも緩い時代だった、というだけのような気がします。ちょっと調べてみた所、他の著名な漫画家の作品でも映画などを元ネタにしたものがあるようです。

それと、海外の彫刻などを日本の妖怪として使ってしまうと混乱を招くというような意見もあるようですが、そもそも水木先生は漫画家であって学者ではありません。その著作に正確さを求める必要も無いと思うのですよね。大体お化けや神々といった想像上のものが、時代を経るうちに変化していくというのは普通のことです。

タグ:妖怪画,日本の妖怪,映画,江戸時代,漫画家

エリア:福井県

2013年06月30日 14:26:38

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません