HOME > ブログ > towntown > 一畑電鉄の車両について

ブログライター

towntown
大阪府 男性 40代後半
towntown
towntown(タウンタウン)でッス。ダウンタウンでは、ナイヨ。ナイナイ。ダウンタウン好き、お笑い好物のオッサン。towntown(タウンタウン)でッス。おっ今は大阪人?元は大阪出身×
 

towntown

<<2018 年 07 月>>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

    

テーマ:

一畑電鉄の車両について
テーマ: タウンタウン
こんにちは、東急6000(ニックネーム)です。



今回は、一畑電鉄の車両について記事を書きます。



一畑電鉄とは、出雲市と松江、そして大社町を結ぶローカル線です。

近年には、映画「レイルウェイズ」でヒロインとして、デハニ50が出ています。



まずは、3000系についてです。



一畑電鉄3000系は、元南海21000系で、1958年に登場しました。

当時としては、珍しいクーラーつきの車両で、2枚窓のフロントマスクが特徴です。

平地を高速走行することと、山間区間を走行することを兼ね備えた車両で、ズームカーと呼ばれていました。



次に、2100系についてです。



一畑電鉄2100系は、元京王5000系の通勤型電車で、1963年に量産が開始されました。

京王では初の貫通扉つきの車両で、後半からは関東初の冷房装置が取り付けられました。

また、一畑電鉄で活躍しているものは、2ドアと3ドアがあります。



次に、5000系についてです。



一畑電鉄5000系は、先にあげた車両と同じく、京王5000系です。

京王時代の車両とは、かなり変わっています。

たとえば、フロントマスクが非貫通になっていたり、シートがクロスシートになっています。

また、2ドアになっています。

一畑電鉄では、主に特急用や急行用として活躍しています。

タグ:クーラー,レイルウェイズ,一畑電鉄,一畑電鉄2100系,山間区間

エリア:島根県

2013年06月16日 14:31:58

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません