HOME > ブログ > towntown > 『仮面の忍者赤影』7話感想

ブログライター

towntown
大阪府 男性 40代後半
towntown
towntown(タウンタウン)でッス。ダウンタウンでは、ナイヨ。ナイナイ。ダウンタウン好き、お笑い好物のオッサン。towntown(タウンタウン)でッス。おっ今は大阪人?元は大阪出身×
 

towntown

<<2018 年 07 月>>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

    

テーマ:

『仮面の忍者赤影』7話感想
テーマ: タウンタウン
『仮面の忍者赤影』の7話を見ました。

今回は里見浩太郎さんの殺陣も見られます。

木下藤吉郎がさらわれるシーンは、藤吉郎を吊っているピアノ線がくっきりはっきり見えていましたが、当時のテレビはそれほど映りが良くなかったでしょうから案外あまり気にならなかったのかもしれませんね。

藤吉郎の居場所を探るために半兵衛が使っていたレーダーが戦国時代にあるまじき技術力で、実に面白いです。ミラーボールを使うという発想もいかしてますね。

今回から霞谷七人衆の一人として新たに夢堂一ツ目が登場しましたが、これまでの敵の中では一番不気味な姿をしています。今見てもちゃちさを感じさせない特殊メイクですね。実は火力も七人衆の中ではトップクラスなのではないかと思います。

一方で朧一貫はごつい外見に似合わず、相手を翻弄する術は得意でも戦闘自体はあまり得手ではないのかもしれません。

しかし今回は赤影たちと金目教の忍術合戦が本当に面白かったです。見ていて飽きません。相手を縛って燻したり頭上から火花を降らせたりと結構えげつない術が多いあたりは流石忍者ですね。

そう言えば、青影が使っている使い鳩は赤い仮面をつけているんですね。赤影さんリスペクトでしょうか。

タグ:ミラーボール,仮面の忍者赤影,忍者,戦国時代,赤い仮面,青影

エリア:山口県

2013年05月24日 18:35:52

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません