HOME > ブログ > towntown > エキゾチックアニマルの飼育

ブログライター

towntown
大阪府 男性 40代後半
towntown
towntown(タウンタウン)でッス。ダウンタウンでは、ナイヨ。ナイナイ。ダウンタウン好き、お笑い好物のオッサン。towntown(タウンタウン)でッス。おっ今は大阪人?元は大阪出身×
 

towntown

<<2018 年 01 月>>
 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

   

テーマ:

エキゾチックアニマルの飼育
テーマ: タウンタウン
ウィキペディアで調べてみると

『「野生種の動物」つまりは「家畜以外の動物」』など、と、とにかくあまり

普通ではないペット、ということになりますね。

実際、そんなの飼った事がない!といわれるかもしれませんが

うさぎを飼った事があるよ、とかハムスターを飼った事があるよ、のウサギやハムスターも

エキゾチックアニマルの範疇に合うのかもしれません。

金魚だってそうかもしれません。



先日、ホームセンターのペットショップ内の一角にある

小動物エキゾチック系の生体コーナーのすみのほうでソコの店長さんらしき?

ひとと、そのほかの業者の方とかまぁプロのかたがちょっと

マニアックな内容で語り合っていたので耳をダンボにして聞いていましたら。



今は、動物に触れるチャンスがなさ過ぎる。

あまりにも動物愛護にこだわりすぎて、子供が小動物にさわるチャンスを逃している。とか。

アレルギーや経済の問題もあるのかもしれませんが。



餌が高級感漂っていなければならないみたいな風潮

かならず獣医に見せて診察して、できれば貯金と保険・・・

(これは犬猫だけでなくてうさぎやエキゾにも保険があったりするので)



そうなったら、今、エキゾを飼育している大人、がいなくなったときに

裾野であるはずの動物をいっぱい飼育(採取して飼育も含める)した経験がある

子供がいなくなり、商売あがったり、とかまぁそうなるわけですが。

納得しました。



たしかに子供はそういう生命体に触るチャンスを逃している。

その原因は大人、そのもの、なんでしょうねぇ。

タグ:ウィキペディア,ウサギ,エキゾチックアニマル,ハムスター,ペット,ペットショップ,ホームセンター,マニアック,動物,家畜以外の動物,小動物,小動物エキゾチック系,獣医,生体コーナー,野生種,金魚

エリア:島根県

2013年05月24日 18:26:22

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません