HOME > ブログ > 杉山ひろみ > 日本発のゲームの実写映画化『名探偵ピカチュウ』全米公開初日1位

ブログライター

sunflower0
女性 20代後半
杉山ひろみ
杉山ひろみ
 

杉山ひろみ

<<2019 年 05 月>>
     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

テーマ:

日本発のゲームの実写映画化『名探偵ピカチュウ』全米公開初日1位
テーマ: 未分類
世界的人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ DVD」をハリウッドで実写映画化。
 
ビデオゲーム、カードゲーム、TVアニメや劇場用アニメ、スマホのアプリなど、日本のみならず海外で広く楽しまれている、“ポケモン(Pokemon)”こと『ポケットモンスター』。その実写映画版が初めてハリウッドで製作されたのだ。しかし、この企画で驚かされるのは、ピカチュウに焦点をあてた番外編といえる同名のゲームタイトル『名探偵ピカチュウ』を基に、製作費約150億円ともいわれる巨費が投じられたという事実である。ラ・ヨローナ DVD
 
 ここでは、本作『名探偵ピカチュウ』映画化にどのようなねらいがあったのか、そして、ピカチュウの尋常ではない“かわいさ”が意味するものを考察していきたい。ザ・ネゴシエーション DVD
 
ゲーム作品『名探偵ピカチュウ』が今回の映画のベースに選ばれたというのは、ポケモンをアメリカで実写化するのに適した、いくつもの理由があったように思われる。もともとのシリーズに存在した、“ポケモン図鑑の完成”という目的や、ポケモントレーナーとしての成長物語は、一つの映画の尺にまとめるのは難しい。
 
 であれば、すでにアメリカで確立されている探偵映画としてのジャンルを利用し、それを柱にすれば、安定した出来になることが期待できる。とはいえ、バトルやアドベンチャーなど、本来の『ポケモン』の魅力を部分的にとり入れていることから、実際には『ポケモン』カルチャー全体を題材にしようというねらいがあることも明白である。
2019年05月14日 16:56:27

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません