HOME > ブログ > 杉山ひろみ > 初放送『鶏龍仙女伝』最高視聴率7.0%

ブログライター

sunflower0
女性 20代後半
杉山ひろみ
杉山ひろみ
 

杉山ひろみ

<<2018 年 11 月>>
       

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

テーマ:

初放送『鶏龍仙女伝』最高視聴率7.0%
テーマ: 未分類
ムン・チェウォン、コ・ドゥシム、ユン・ヒョンミン、ソ・ジフン出演のtvN新月火ドラマ『鶏龍仙女伝』(ユ・ギョンソン脚本、キム・ユンチョル演出)が初回放送から瞬間最高視聴率7%台をマーク、前作『100日の郎君様 DVD』の初回平均視聴率(5.0%)を上回り、ヒットを予感させるスタートを切った。
 
5日に放送された『鶏龍仙女伝』第1話は平均視聴率5.6%(瞬間最高視聴率7.0%)を記録した(ニールセン・コリア調べ、ケーブルテレビ・衛星・IPTVを統合した有料プラットフォーム世帯基準)。これは、ケーブルテレビチャンネルと総合編成チャンネルを含め同時間帯1位だ。時間が止まるその時 DVD
 
韓国で5日に放送された「鶏龍仙女伝」では、仙女オクナム(ムン・チェウォン)と木こりイ・ヒョン(ユン・ヒョンミン)の再会が描かれた。
 
オクナムは天界に戻ることができなかった仙女だ。700年前、木こりと結婚して幸せに暮らしてきたオクナムだが、その木こりが亡くなって699年間彼が生まれ変わることを待っていた。ミス・マ、復讐の女神 DVD
 
幸いオクナムの祈りは実を結んだ。自ら運営している 鶏龍山仙女喫茶店で木こりイ・ヒョンに出会ったのだ。
 
しかし、イ・ヒョンは前世の記憶を全部忘れたままだった。イ・ヒョンはオクナムが“九尾の狐”だと確信し、彼女を避けた。友人で、教授でもあるハム・スク(チョン・スジン)に自身の周りで起きている異変も伝えたが、ハム・スクはそれは不眠症による誤解だと一蹴した。
 
結局オクナムも勝負をかけた。居場所をなくしたと言いながら猫に変身した娘とともに、イ・ヒョンの自宅を訪れたのだ。幸い家の中にはクムがいて、彼はオクナム親子を家に入れた。
 
こんな中、驚き治癒力を見せるオクナムにクムは「まさか九尾の狐ですか?」と聞いた。なぜなら、彼もオクナムの一撃に気を失ったからだ。

タグ:100日の郎君様,100日の郎君様dvd

2018年11月08日 16:03:15

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません