HOME > ブログ > 杉山ひろみ > 2018年最恐のホラー映画『へレディタリー 継承』現代ホラーの頂点

ブログライター

sunflower0
女性 20代後半
杉山ひろみ
杉山ひろみ
 

杉山ひろみ

<<2018 年 11 月>>
       

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

テーマ:

2018年最恐のホラー映画『へレディタリー 継承』現代ホラーの頂点
テーマ: 未分類
今年のサンダンス映画祭で発表されるや「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受け、トラウマ級の恐怖で全米を震撼させたホラー映画『へレディタリー 継承 DVD』の予告映像が完成した。
 
監督・脚本を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。天才的な発想と演出、すべてのシーンがラストへの恐怖の伏線となる計算し尽された脚本と異常なまでの完成度は、ホラー映画の新たな到達点となった。テルマ DVD
 
主演は『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット。本作で見せる鬼気迫る怪演で、既に来年のオスカー主演女優賞ノミネートが確実視されている。製作は昨年アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』を生み出し、今年も『レディ・バード』が賞レースを席巻。設立6年目にして話題作を次々と発表し、オスカー常連となった最注目の映画スタジオA24。サバイバー シーズン2 DVD
 
本作は、祖母の死をきっかけに、奇妙な出来事が頻発して起こるようになり、やがて死よりも恐ろしい運命と想像を絶する恐怖が襲い掛かる家族の姿を描いた物語。一家は、祖母からの忌まわしい“何か”を受け継いでしまっていることを知らず、恐怖の渦に飲み込まれていくが、待ち構える “超恐怖”は、ネタバレ厳禁。そして全編に張り巡らされた、トラウマ必至の“フィナーレ”に至る伏線に、試写会で鑑賞したジャーナリストたちも「最初から最後まで目を離せない」「周到に計画されたホラー。全てのシーン、セリフが伏線。」「怖いけどもう一度観ないではいられない」という声が多数あがっているように、伏線を楽しむ映画としても話題となっている。どんなに恐ろしくても、リピートせざるを得ない。

タグ:へレディタリー 継承,へレディタリー 継承dvd

2018年11月07日 16:43:19

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません