HOME > ブログ > hami mellonのブログ > 携帯電話ジャマー

ブログライター

hami mellon
東京都 女性 20代前半
hami mellonのブログ
gps 妨害 とは、微弱な電波を発生させてGPSの電波を妨害し、自動車、船、飛行機等に搭載したGPS受信機への電波を遮断することができる装置です。
 

hami mellonのブログ

<<2018 年 08 月>>
     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

テーマ:

携帯電話ジャマー
テーマ: 電波妨害装置

劇場、コンサートホールなどでは、開演中に携帯電話の着信音等が鳴り響くと、観客が演劇や演奏などを鑑賞する邪魔になり不快感をあたえたり、公演進行の妨げになることもあるので、場内では携帯電話の電源を切ることが呼びかけられている。

しかし、意図してこれを守らない観客や、悪意がなくても携帯電話の電源を切り忘れる観客がいる場合もあり、場内の携帯電話すべてについて着信音が鳴らないようにすることは困難である。

携帯電話が使用する周波数の妨害電波を発射できれば、携帯電話の通信を妨害するので、場内にある全ての携帯電話の着信音が鳴ることを、確実に防止することができる(ただし、通信を要しない携帯電話のアラームについては防止出来ない。)。同じような理由で、患者の安静のため静粛を必要とする病院の集中治療室においても、同様の効果が期待される。

また、データセンターなどにおいて、機密情報・個人情報の厳重な保護を必要とする場合、外部との通信を遮断し、情報漏洩を防止することができる。

通信妨害(英語: Communications jamming, COMJAM)とは、無線通信信号に対する妨害(ECM)のこと[1]。正規の電波通信と同一の周波数または周波数帯の電波を送出し、混信もしくは電波障害を引き起こすことで、正規の通信を妨碍する、もしくは自国民に視聴させたくない放送(主に国際放送)に妨碍をかけることを指す。レーダーに対する妨碍同様、ジャミングと呼ばれる。

軍事的・政治的に用いられることの多い技術であるが、携帯電話に対する通信機能抑止装置のように民間に転用されたものもある。

http://www.kannsi.com/3g-4g-jammers/p-47.html

劇場やホールなどの静粛な雰囲気が求められる空間において、通信機器の着信音や通話による騒音が社会問題になっています。ですから、通信電波やレーダーを妨害すること「Wi-Fi電波妨害」と呼ばれる装置を検討される方が増えてきています。

自動車運転中の携帯電話やスマートフォンによる通話・メールは危険を招く恐れがあり、多くの国で法律によって禁止されています。アメリカの多くの州でも運転中の携帯電話の使用に罰則が設けられています。携帯電話ジャマーは話したくない相手との通話中、相手に気づかれずに切ることができます。公共施設や喫茶・飲食店、そして旅行先などで、ちょっと静けさが欲しい場合にいちばんでお勧めです!

タグ:TOKYO

2018年08月10日 16:36:55

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません

コメントを投稿する

ログインしていません