HOME > ブログ > 歯科用 バーのブログ > 親知らずが引き起こす最悪のシナリオとは?

ブログライター

歯科用 バー
女性 20代後半
歯科用 バーのブログ
 

歯科用 バーのブログ

<<2018 年 10 月>>
 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

   

テーマ:

親知らずが引き起こす最悪のシナリオとは?
テーマ: 未分類
奥歯の親知らずが腫れたが、少しの間我慢していたら、自然に治ってしまった。こんな経験をしたことはありませんか? 親知らずは腫れても自然に治るから心配ないなんて思っていると、大変なことになってしまうかもしれませんよ。親知らずの腫れをそのまま我慢し続けると、どこまで悪くなる可能性があるのか解説します。led光照射器
 
■一般的な親知らずの症状
一般的に親知らずの炎症が奥歯に限定している場合には、次のような症状が現れます。
 
■奥歯の歯肉がうずく
初めは、親知らずの周囲の歯肉が炎症を起こして、うずくような感じがします。歯科口腔内カメラ
 
■腫れや痛みが強くなる
はっきりと親知らずが痛いと感じるのがこの時期で、実際に親知らずの周りの歯肉が腫れたり、膿が出たりします。
 
■口が開きにくくなる
さらに炎症が進行すると痛みや腫れとともに、口を開きにくくなってしまいます。治療を行なっても症状が落ち着くまでに時間(1週間~3週間程度)がかかることがあります。
 
これらは歯医者さんで治療が行なわれる一般的なケースです。腫れた親知らずの周辺を十分に洗浄したり、薬を飲んだりしながら、症状が落ち着くのを待って、再び症状を繰り返す前に、親知らずを抜きます。するとそれ以降、親知らずの症状には悩まされなくなります。

http://athena.shiga-saku.net/e1430743.html
2018年08月10日 12:06:51

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません