HOME > ブログ > 歯科用 バーのブログ > 脱落歯の根が破折してしまった場合、特にタテに割れたときは再植できません

ブログライター

歯科用 バー
女性 20代後半
歯科用 バーのブログ
 

歯科用 バーのブログ

<<2018 年 08 月>>
     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

テーマ:

脱落歯の根が破折してしまった場合、特にタテに割れたときは再植できません
テーマ: 未分類
ーーこの場合、温度は常温または、体温に近いほうがいいのでしょうか。
 
常温が望まれますが、脱落歯に付着した微生物の繁殖を抑制するため、気温が高い場合は、保冷剤などで冷やした状態が良いと考えます。led光照射器
 
ーー長い時間は持たないと思いますが、最大で何分ほど持ちますでしょうか。
 
30分以内が望まれます。衛生上というよりも、早ければ早いほど再植できる可能性が高まります。歯根膜(歯を支えている骨と、歯根の間にある薄い膜)の状態によりますが、統計的には60分くらいまでですと予後がいいようです。歯科口腔内カメラ
 
ーーこれ以外でも、どのような対応が望ましいのでしょうか。
 
ポイントは脱落歯の歯根膜を乾燥させないこと。再植までの所用時間です。
 
ーー歯がばらばらに割れてしまった場合など、再植できない場合はありますか。
 
牛乳に浸けているからOKということ全くありません。歯根膜のダメージの程度で予後が左右されます。
 
脱落歯の根が破折してしまった場合、特にタテに割れたときは再植できません。また、歯根膜の乾燥や、感染がある場合は必ずその歯根膜を除去しなければならないため、再植しても正常な経過をたどらず、骨性癒着や歯根の吸収を起こす可能性が高くなります。

http://athena.shiga-saku.net/e1421130.html
2018年06月14日 16:55:59

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません