HOME > ブログ > sakuraboxsのブログ > チェ・ミンシク、2017年に低調だったCJ映画の「沈黙」破るか

ブログライター

dvdnetoff
福島県 女性 20代後半
sakuraboxsのブログ
 

sakuraboxsのブログ

<<2018 年 07 月>>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

    

テーマ:

チェ・ミンシク、2017年に低調だったCJ映画の「沈黙」破るか
テーマ: 未分類
CJの映画が今年、不振に苦しむ中で国民俳優チェ・ミンシクを前面に押したてた『沈黙』(監督チョン・ジウ)が公開される。新作『沈黙 DVD』はうれしい救援投手になるのだろうか。

来る11月の公開を控えた映画『沈黙』(監督チョン・ジウ)が25日、マスコミ試写会を通じてベールを脱いだ。今年初めの『共助』を除いては、『王様の事件手帖』『不汗党』『リアル』『軍艦島』など次々と内外で不振と不名誉の苦杯を味わったCJエンターテイメントの年末の野心作で、興行はもちろん作品性でも期待を一身に受けている作品だ。

特にチェ・ミンシクも今年『特別市民』を通じて観客と会ってはいるが期待以下の成績を収めており、マイティソー バトルロイヤル DVD彼もまた今回の映画で名声にふさわしい結果を見せることができるのか業界の関心が集まっている。

映画は財力と愛、世界を手にした男イム・テサン(チェ・ミンシク扮)がすべてのことが上手く行っていると信じていたときに無残にも崩れてしまった、「あの日の出来事」を描く。婚約者であり有名歌手のユナ(イ・ハニ扮)は「あの日」に恐ろしく殺害され、容疑者に指名されたのはイム・テサンの娘(イ・スギョン扮)だった。沈黙 DVD泥酔した状態で事件と関連したいかなる記憶もない娘を無罪にするために彼の恋人への罪悪感はしばらく置いておいて、切なくも狂った父性の極致を見せる。

今回もチェ・ミンシクは特有の重厚さと自由自在な変化で映画全体を導いていく。イ・ハニとのロマンスからグループトップとしての重さ、VIP DVDお金があれば何でもできると信じている俗物根性と、これと相反する熱い人間愛、ブラックコメディ性のユーモアと善と悪を行き来する不思議な姿まで、本当に柔軟に演じる。特別に新鮮なポイントや新しい姿を見つけることは難しいが、これまで彼が見せてきた多くの演技を集大成にした感じだ。
2018年01月10日 12:02:28

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません