HOME > ブログ > gewesのブログ > 『興夫』チョンウ、「故キム・ジュヒョクに会いたい」と、涙ぐむ

ブログライター

gewes
男性 20代後半
gewesのブログ
 

gewesのブログ

<<2018 年 01 月>>
 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

   

テーマ:

『興夫』チョンウ、「故キム・ジュヒョクに会いたい」と、涙ぐむ
テーマ: 未分類
俳優チョンウが、映画『興夫』で共演した故キム・ジュヒョクを語った。

9日の午前、ソウル市ロッテシネマ建大入口店で映画『興夫』(監督チョ・グンヒョン)の制作報告会が行われた韓国映画 ミオク DVD 。 会場には、俳優チョンウ、チョン・ジニョン、チョン・へイン、キム・ウォンへ、チョン・サンフン、監督チョ・グンヒョンが出席した。

チョンウは、「とても会いたい」と、故キム・ジュヒョクに言及した神と共に DVD 。 彼は、涙ぐんで言葉を続けることができなかった。 しばらくしてからチョンウは、「ジュヒョクさん、会いたくてたまらない」と、震える声で言った。エターナル DVD

『興夫』は、故キム・ジュヒョクの遺作となる。犠牲復活者 DVD

『興夫』は、筆一つで朝鮮全国を揺るがした天才作家フンブが、他人よりイケてない2人兄弟からインスピレーションを受け、世の中を揺るがす小説『興夫伝』を執筆することから展開する時代劇映画。

チョンウは、朝鮮最高の天才作家フンブ役を務める。 故キム・ジュヒョクは、貧乏な民の精神的指導者、『興夫伝』の実際の主人公チョ・ヒョク役を演じた。 貧民村で両親を亡くした子供たちを養い、一揆軍や庶民の精神的指導者になったチョ・ヒョク。 彼は、兄を見つけてほしいと訪ねてきた天才作家フンブに新しい悟りを与え、民心を引き起こす小説を執筆するよう勧める。

映画『興夫』は、2月封切り予定。
2018年01月09日 14:52:17

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません