HOME > ブログ > 歯科用 バーのブログ > 手話で通話できる公衆電話ボックス、大学に設置 茨城・筑波技術大

ブログライター

歯科用 バー
女性 20代後半
歯科用 バーのブログ
 

歯科用 バーのブログ

<<2018 年 12 月>>
           

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

     

テーマ:

手話で通話できる公衆電話ボックス、大学に設置 茨城・筑波技術大
テーマ: 未分類
 聴覚障害者が手話で通話できる公衆電話ボックス「手話フォン」が4日、茨城県つくば市天久保の筑波技術大に設置された。マイクロ モーター
 
 手話フォンは、テレビ電話に映る手話通訳のオペレーターを介して相手と会話できる仕組み。大学会館1階に設置され、午前8時から午後9時まで無料で利用できる。小型集塵機
 
 この日行われたデモンストレーションでは、聴覚障害がある大学院生3人が美容室や歯科医院の予約、友人のバースデーケーキの注文を行った。
 
 歯科医院の予約では、歯の痛みを手話で訴えた。インターネット予約の文字でなく、手話を使うことで、より微妙なニュアンスを伝えることができるという。
 
 同大は、全国で唯一の視覚、聴覚障害者のための国立大学で、学生の多くが学内の寮に住んでいるため、学生たちの利便性が高まることが期待される。同大では地域の聴覚障害者にも使用してもらう考えだ。
2017年12月18日 23:42:46

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません