HOME > ブログ > buyshopesのブログ > レーザーポインターはビーム光として広がりが少なく遠くまで

ブログライター

buyshopes
石川県 女性 60代以上
buyshopesのブログ
 

buyshopesのブログ

<<2017 年 11 月>>
     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

  

テーマ:

レーザーポインターはビーム光として広がりが少なく遠くまで
テーマ: 未分類
レーザーポインター 光線は、ご存知の通りある光を1点に集中して光を発します。
この時、ポインターから発せられる光の波長は1種類で、光が拡散する事なく遠くでもまっすぐな光が届くようになるのです。

 

違う点は、「指向性」「単色性」「干渉性」「集約性」の4つとなります。
・指向性:普通の光は八方に広がるが、レーザーポインターはビーム光として広がりが少なく遠くまで届く
・単色性:単色(単波長)で純粋な1つの色であり、強度の強い光
・干渉性:カラス撃退レーザー光は干渉するが、普通の光は干渉しない
・集約性:レンズで光を集めることが可能で、金属を溶かす程に高いエネルギーとなる

満天の星強力レーザーポインター

カラスレーザーポインター格安は変換式、リアル式の2パターン存在します。変換式は赤外の波長1064nmを、結晶を用いて半分の532nmの波長に変換しています。波長を正しく変換するために結晶をミクロ単位で調整しており、とても精密な作りをしています。また、市場で最も明るく見やすいレーザーを出す墨出器であるということも、変換式の特徴です

グリーンだけでは無くそのようなカラーのレーザー購入を検討することも多くなったでしょう。
そこで注意したいのは、何mw(ミリワット)と言う数値です。
この数値は、基本的にはレーザーポインター強力(レーザー光源の消費電力)ですが、
これらも明るさに比例しますので、購入時は明るさの基準に考えるといいでしょう。

まずレーザーポインターカラスの場合、人間の目にかなり明るく見える波長532nm(ナノメートル)を使用しています。
クラブなど暗めの室内でスモークを炊いてのビーム演出時、30mwでも7~10メートルぐらいは強く光が出ています。
それを越えるととたんに光は弱くなっていく感じです。

2017年11月14日 21:19:40

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません