HOME > ブログ > 歯科用 バーのブログ > 子どもの乳歯をチェック。茶渋と虫歯の見分け方は?Part2

ブログライター

歯科用 バー
女性 20代後半
歯科用 バーのブログ
 

歯科用 バーのブログ

<<2017 年 10 月>>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

    

テーマ:

子どもの乳歯をチェック。茶渋と虫歯の見分け方は?Part2
テーマ: 未分類
『実は着色と虫歯は、医師でも見分けが付きにくいことがあります。経験に頼って見分けたり、見分けるための薬液や装置も存在します。虫歯は茶色や黒のイメージがありますが、実は乳歯の虫歯の大半は白いです。茶色くてもツルっとしている歯より、白く濁ってザラっとしている歯の方が虫歯になりやすいです。特に奥歯の溝、奥歯の間、そして上の前歯の間は虫歯になりやすく注意が必要です。(歯科衛生士) 』小型集塵機
 
問題がなくても定期的に健診を! 小さなお子さんの場合、虫歯があってもなくても定期的に歯科受診をするよう勧められています。歯科に慣れることや、虫歯を予防するためのケアも受けられます。歯科用 セメント
 
『お茶をよく飲むお子さんでしたら、歯の裏側に茶渋がつくこともあります。茶渋でしたら放っておいても良いですが、気になる部分だけ歯磨き粉を使って磨いて下さい。お子さんが嫌がったり上手く出来ない時は、歯科で除去してくれます。歯科受診の習慣をつけるためにも小さい時から歯科デビューした方が良いと思いますし、虫歯がなくても半年に1回程度は定期健診に行きましょう。(看護師)』

http://dentaljp.blogspot.com/2017/07/27.html
2017年07月25日 17:58:09

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません